どうしてリンゴは赤いの?アントシアンの色ですよ?

リンゴの皮は赤いでよね。どうして赤いのでしょうか。今回はその原理と現象をわかりやすく解説します。

あたりを見回しただけでも、私たちの目には、いろいろな色が飛び込んできます。色は、私たちのまわりに無意識のうちに存在していますが、同時に、長さや重さのようにスケールや単位をもっていませんので、だれもが一つの表現で共通にコミュニケーションすることができません。例えば、「青い海」や「青い空」と言っても、個人個人によって感じ方が異なるため、いろいろな青があるはずです。そこに、色のむずかしさがあります。では、私たちは色についてどのような知識をもてばよいのでしょうか。

リンゴには赤い色をしたものが多いようです。

しかし、そのように赤い実のリンゴでも、若い実は緑色をしています。これは、カキの実でも、ミカンの実でも同じで、やはり緑色をしています。
この緑色は、葉の中にあります葉緑素の色です。葉緑素があるために、若いころのリンゴは青いのです。
しかし、この葉緑素は、秋になって昼間の時間が短くなったり、夜と昼の温度の差が大きくなってくると、だんだん壊れてしまいます。したがって緑色も消えていくのです。
そのかわりに、赤い色のもとになるアントシアンというものが、だんだん増えていきます。アントシアンは、太陽の光が当たると増えていく色素なのですが、このアントシアンが赤いために、リンゴも赤くなるのです
赤くなるには、太陽の光が必要であるというのを証明します、おもしろい実験があります。まだ緑色で、木になったままの若いリンゴの実に、光を通さない黒いビニールテープをはっておきます。しばらくして、リンゴが赤くなったころにテープをはがすと、テープの下は緑色のままで、赤い色のリンゴに、緑のテープのあとがはっきり残ります。これは、リンゴは太陽の光が当たることで赤くなることの証拠なのです。
まず、「みかんは黄色、りんごは赤色」とそれぞれのものには、それを連想させる「色」があります。 「りんごは赤い」と思っています方が大方かと思います。確かに「ふじ」や「ジョナゴールド」「つがる」など良く知られている品種には赤い品種のほうが多いです。しかし、「王林」や新品種の「シナノゴールド」や「きおう」、「トキ」などといった品種は黄色い色をしています。
ではなぜ果物や品種によって色がそれぞれ違うかというと、「色素」というのが関係しています。
「色素」には、赤い色の色素「アントシアニン」、緑色の「クロロフイル」、 黄色の「キサントフイル」などがあり、それぞれの色素の量加減で色の具合が異なってきます。 りんごに赤い品種が多いのはこの「アントシアニン」が影響しています。

【スポンサーリンク】

「アントシアニン」の生成には主に4つの条件が必要になります。

1つめは「光(日光)」です。

光の中でも特に紫外線の量が多いとアントシアニンの量は多くなるので、赤い色が着きやすくなります。
ただし、紫外線はりんごの葉にも吸収されるので、葉が多いと光とともに紫外線の量が少なくなり、 りんごに赤い色が着きにくくなります。そこで、りんごに赤い色をつけるために収穫期が近づいた時の 葉摘みやりんごの重みで下がってきた枝を吊ったり、支柱を入れて樹の内部まで日光を入れるという仕事が大切になってくるのです。
ただし、各品種によって良い色がつくために必要な光の要求度は異なり、「スターキング」、「紅玉」といった品種は 弱い光で紫外線がなくても赤く着色します。また、「ふじ」、「つがる」といった品種は紫外線を含んだ強めの光を必要とします。

2つめは「糖(ブドウ糖)」です。

アントシアニンの生成の基になるのは葉でできたデンプンが糖(ブドウ糖)に変化したものです。 従って、葉が病害虫の影響を受けると光合成などの同化作用が低下し、 デンプンの生成が少なくなるので良い色が着かなくなります。ですから葉を健全に保つことが大切となります。

3つめは「温度」です。

アントシアニンの生成に最も適した温度は品種によって若干の違いはありますが、15~20度で、 30度を超えると著しく抑制されます。また、アントシアニンは昼、夜問わず生成されますが、 20度以下の気温というのがキーワードになります。

4つめは「肥料成分」です。

肥料には「窒素」「リン酸」「カリ」の三要素があってそれぞれ大切な役割を果たしています。ただし、それぞれに適量というものがあって「窒素」の量が多いと緑色の色素である「クロロフイル」が増え、 鮮やかな赤色が着かなくなります。ですから、りんごが着色する時期になる前までに りんごの樹が窒素分を使い切ってしまうような量を見極めた肥料管理が重要となっています。
以上、少し専門的で難しい用語もありますが、赤く色着くためのメカニズムを紹介しました。

なぜ、りんごは赤く見えるの?

光がなければ色はありません。私たちが物体の色を感じるには、「光源」「物体」「視覚」の三要素が必要です。真っ暗闇の中では、色はわかりません。また、まぶたを閉じてしまえば物体の色は見えなくなってしまいます。さらに、肝心の物体がなければ、色が存在するはずはありません。
「光源」「物体」「視覚」の三つが揃わないと、色を感じることはできないのです。では、赤いりんご、黄色いレモン…という具合に、色の違いができるのはなぜでしょうか。こういう切り口、考え方もあるのですね。だんだんと難しくなってきましたね。このへんで。

どうしてリンゴが赤いかみなさん判りましたか。なんでも「なぜ」と考えることが大事ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です