海が青いのはなぜ?

海が青いのは水が深いから

 

 

海に行ったことはあるでしょうか?浅いところは透明に近く、深いところは青いですね。そう。海が青いのは深さが関係あるのです。では、深いとなぜ青いのか?が気になりますよね?その答えは、水の中で青の光以外が吸収されてしまうからなのです。

【スポンサーリンク】

海が青いのは空の色を反射しているから

実は青い理由はもうひとつあります。それは、海の水が空の青さを反射しているからなのです。海を見るとき私たちの目には色々な光が届きます。海の水の表面で反射した光、海の水の中から反射してきた光などです。

光の色ってどうやって決まるの?

少し本題からそれますが、光の色には赤色や緑色、青色など様々なものがありますよね?太陽の光に色はありますか?透明ですよね。太陽の光はあらゆる光が混ざっているため白くなります。光は混ざれば白く、透明になることは大切です。

光の三原色

光の三原色とは、赤色(RED)、緑色(GREEN)、青色(BLUE)です。頭文字をとてRGBということもあります。

【スポンサーリンク】

色の三原色

色の三原色とは、光の三原色とは異なりシアン、マゼンタ、イエローでつくられる色です。絵の具を混ぜると何色になりますか?黒に近くなりますね。光の三原色とは異なり、混ざると黒になるのです。

物の色ってどうやって決まるの?

普段みなさんが見ている物の色は、物の表面で光が反射しているからなのです。赤色の物は赤以外の色が吸収されて、赤だけが反射して目に届いているのです。光が全ての色が混ざっていて、物にあたり吸収されなかった色だけが目に見えているのですね。物によって、吸収される色が違うのです。

【スポンサーリンク】

透明できれいな海ほど青い

海の水の中で青色以外の光が吸収されて、青色の光が海の底で反射して届きます。きれいな海ほど反射して戻ってくることができる青色の光が多くなるため、青色に見えるのですね。海の水がきれいでないと、他の色も混ざり黒っぽくなります。

まとめ

海の色が青い理由は2つあります。海の水の表面で反射する空の色の光、海の水の中で青色以外の光が反射されて届く光の2つが青いからですね。光っているものの色は光の三原色、物の色は色の三原色で吸収されずに反射されるということを学びましたね。色の話はとても奥が深く、とても面白いですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です