どうして月は毎日違う形をしているの?  月は本当は丸いの?

月は、毎日のようにその形を変えていますね、どのように考えたらいいのでしょうか。

半月や三日月のとき、月は欠けているように見えますが、よく見てみると、暗いところに薄く丸い月の輪郭が見えることがあります。

月は本当はいつも丸いのです。

つまり、形自体が変わるわけではないのですが、光っているところの形が変わるために、欠けているように見えるのです。
月は、太陽の光に照らされて光っています。ということは、月には、地球と同じように昼と夜があるのです。地球から見える明るい月というのは、月の昼の部分を見ているのです。満月というのは、月の昼の部分が全部見えていることですし、昼の部分が半分見えていれば、半月になり、少しならば三日月になります。欠けているように見える暗い部分は月の夜の部分なのです。
見え方がこんなに違うのは、月が地球のまわりを回っているからです。地球から見るということは、月をいろいろな方向から見ることになります。見る方向が違うために、見える昼の部分もいろいろと違ってくるというわけです。

どうして月の形が変わるの?

お月さまって、不思議だね。
大きなまんまるだったり、すごく細かったり、お月さまが見えない日もあったりするよね。
どうして、いろいろな形に変わるのかな?

月は出ない日もあるんだよ

夜空に月が出ない日があるって知ってるかな。そんなとき、月は昼間に出ているんだよ。
昼間に白い月を見たこと、あるんじゃないかな。

月はどうして光るのかな?

月がどうして光っているか、知ってるかな。
月は、太陽みたいに自分で光を出しているわけじゃないんだよ。鏡みたいに、太陽の光をはね返して光っているんだ。
満月は光が当たっている部分が大きいから、すごく明るく見えて、細い月は光が当たっている部分が少ないから、あまり明るく見えないんだよ。

月は毎日、形が変わっている

月には、満月とか、三日月とか、いろいろな形があるよね。
ずいぶん形が違うけど、実は全部同じ月なんだよ。
月はボールみたいな形をしているんだ。それで、太陽の光をはね返す部分が毎日少しずつ変わるから、月の形が変わったように見えるんだよ。
だから、細い月もよーく見ると、丸い形が薄く見えるよ。

どうして、太陽の光をはね返す部分が変わるのか、わかるかな。
月は、地球のまわりをぐるっと一周しているんだ。だから、月と太陽と地球の位置によって、光をはね返す部分が変わるんだよ。
たとえば、月と太陽が地球を挟んで反対側にあるのが、満月のときなんだ。太陽の光が月の広い範囲ではね返って見えるから、まんまるに見えるんだよ。
でも、地球から見て、月と太陽が同じ方向にあると、月がはね返した光が見えないよね。これを「新月」というんだよ。新月のときは、晴れていても月は見えないんだ。
ちなみに、中間のときは、月が半分に見えるよ。

【スポンサーリンク】

月は、何日ぐらいで地球を一周するの?

新月は、約15日間でまん丸になって、また約15日間かけて新月に戻るんだ。
つまり、15日と15日だから、約30日間で地球を一周していることになるね。
昔の人は、新月が満月になって、また新月にもどるまでの日にちを一ヵ月(いっかげつ)の長さに決めたんだ。だから、一ヵ月はだいたい30日なんだよ。
一ヵ月のことを「ひと月」というのも、月が一回りするという意味があるからなんだね。

月はどうして見え方が変わるの?
夜空を見上げればほとんどいつでも見つけることができる月。毎日少しずつ形を変えて輝いている月の満ち欠けは、どんな順番でどんな風に起こっているかご存知ですか?

月の満ち欠けの順番

月は太陽に照らされて、いつも半分だけが輝いています。地球から見て月と太陽が同じ方向にある時、新月を迎え、月と太陽の間に地球が来た時に満月を迎えます。
このように地球と月の角度によって、月の光っている部分が増えたり減ったりしているように見えるのが月の満ち欠けの仕組みです。
満ち欠けの順番は、月が見えない新月から順に、三日月→上弦→満月→下弦そして再び新月という順番で満ち欠けしていきます。この満ち欠けの周期を朔望月といいます。朔とは新月、望とは満月のことです。

月の満ち欠けごとの見え方・見える時間

地球・月・太陽の位置関係によって月の見え方(満ち欠け)が変わります。その満ち欠けの仕組みと見え方をもう少し詳しく紹介します。

新月が見えないわけ・見えない仕組み

新月は、地球から見て、月と太陽が同じ方向にあるときの月の形です。太陽の光が強すぎて基本的に見ることはできません。
新月のとき、地球から見て月は太陽と同じ方向にあるため、太陽と月は一緒に昇って、太陽と一緒に沈みます。

上弦の月の昇り方

上弦の月は全く月の見えない新月から徐々に月が満ちていく時の月です。左側半分が欠けて見えます。
上弦の月は、お昼ごろに東から昇って、日の入りのときに南の空で一番高くなります。
まだ空が明るいうちに月が登っていくので、注意してみないと見つけることが難しいと思います。

満月の昇り方

月が太陽と月の間に位置している時に見える月の形が満月です。ご存じの通り、まんまるに見えます。
満月は太陽が西の空に沈むと同時に東の空から昇り、夜中に空の最も高いところにきます。太陽が昇ってくるころに、満月は西の空に沈んでいきます。

下弦の月の昇り方

下弦の月では、月は真夜中に東から昇り、明け方に空の高いところにきます。この時の月の見え方は、上弦の月とは逆に月の右半分が欠けて見えます。
下弦の月は、正午ころに西に沈んでいきます。

おわりに

月の満ち欠けについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?あまり注目する機会も少ないと思うので、月が昇ってくる時間の違いなどは初めて知った人もいるのではないでしょうか。
月の満ち欠けは毎日起こります。一番わかりやすい満月を目安にして、左半分が欠けていたら上弦、右半分が欠けていたら下弦の月なんだなと見分けていくと判りやすいかもしれませんね。

ぜひこれから月を見るときの参考にしてみてください。これはとても興味が出てきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です