なぜ足がつるの?こむら返り・筋クランプ・有痛性筋痙攣って何?

皆さん、足がつった経験はありませんか?激しい運動をした時や寝ている時。妊娠中に悩まされた方も多いのではないでしょうか。また中年以降になるとリスクが高まると言われています。足がつる症状を「こむら返り」と言ったり専門的には「筋クランプ」「有痛性筋痙攣(けいれん)」と言います。では、何故足がつるのでしょうか?足がつる仕組みと原因、予防法について見ていきましょう。

足がつる仕組みと原因

身体の筋肉細胞はカルシウム・マグネシクム・ナトリウム・カリウム・水素など、ミネラルのイオン濃度によってバランスが保たれています。健康な状態の時ならば増えすぎたイオン成分は汗により排出され、丁度良い濃度に調整されています。しかし身体が過度の発汗などにより水分不足の状態になると、汗と一緒に流れ出たイオンのせいでミネラル不足に陥ってこのバランスが崩れ、筋肉に上手く脳の指令が届かなくなります。コレに血行不良が重なると筋肉細胞へのミネラルの補給が一層困難に…こんな時にたまたま寝返りを打ったりして筋肉に急に刺激が加わると、筋肉の調整が上手く働かないため筋肉の緊張状態が抑えられず暴走してしまい、キューっとつった状態に…こむら返りの発生です。

また筋肉量の低下などにより足の血行が悪くなると、血行不良→血液内に疲労物質(乳酸など)がたまる→筋肉細胞などへの情報伝達を阻害→筋肉細胞の暴走を抑えにくくなる と考えられています。年をとると足がつる事が多くなるのは実はこの筋肉量の低下→血行不良と関係があったのですね。

では、足がつるのを防ぐにはどんな方法があるのでしょうか?

足をつりにくくするには?

足がつるのを防ぐには、主な原因である「水分不足と血行不良」。この2つを避ける事が大切です。

まずは「水分不足」対策

寝ている間には冬でも大人でコップ1杯程の汗をかくと言われいて、意外に身体の水分量は低下します。夏や運動中ならなおさら。

なので、おやすみ前や運動する前・運動中など、今から汗をかく!と言う前に予め水分を補給しましょう。出来れば吸収の良いスポーツドリンクなどが適しています。喉が乾く前に飲む事が大切と言われるのはこう言う事だったんですね。お年寄りの方は大した運動をしないから大丈夫と思われるかもしれませんが、人間は吐く息の中からもどんどん水分が奪われています。普段から少しずつで良いので定期的に水分を摂る事が大切です。

【スポンサーリンク】

次に「血行不良」対策

血行不良を防ぐ方法としてまず思いつくのが温める事です。

睡眠中は全身をほとんど動かさないため、心拍数も減り、血行は低下しています。夏場は油断しがちですが、冷房の中で寝たり布団をかけずに寝ると、足の筋肉が冷え血管も収縮し、血行はさらに悪くなります。

こんな時の対策としては、レッグウォーマーなどの締め付けないもので保温するのが良いでしょう。オフィスでのデスクワーク時にもおススメです。他にはゆったり足湯でふくらはぎを温めたり、マッサージをして凝り固まった筋肉をほぐして下さい。血行が促進します。特に運動後はコチコチに筋肉が固まり乳酸が溜まっていますから、マッサージでほぐしたり、ゆっくりストレッチをして伸ばすのが効果的です。

その他の対策として…

それでもお困りの方には内服薬で抑える方法も有ります。

良く使われるのが「芍薬甘草湯」と言う漢方薬。これは10分程で効果が現れて来るので急激に起こる足のつりに効果を発揮します。

・寝ていて突然こむら返りを起こした
・久々の運動中、いきなり足がつった
・筋肉がけいれんして、急に痛みが出た
こんな方に役立ちます。

「芍薬甘草湯」に配合される芍薬と甘草の組み合わせが筋肉のけいれんを抑制してくれます。できれば、足がつった時にすぐ服用できるのがベストですが、難しい時はつってしまった後に服用しても効果が期待できます。また、「前兆」があることが多い症状ですので、「前兆」を感じたら早めに服用してください。

また漢方薬以外に症状を抑える内服薬も有りますので、日常生活に支障を来す程お困りの場合は掛かりつけの医師にご相談下さい。

足のつりに合わせてシビレやむくみ、ろれつが回らない等、他の症状も見られる場合は病気が潜んでいる可能性も有ります。早めに医療機関を受診しましょう。

高齢者の6割もの人が悩まされていると言う足のつり。上手な回避方法を身につけ快適ライフをお過ごし下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です