どうして大人になると髭が生えるの?ホルモンの影響?

大人になるとなぜ髭(ヒゲ)が生えるのでしょうか。興味がありますよね。解説します。

<h2>●男の人は、大人になると髭が生えてきます。</h2>しかし、大人になるときは、髭が生えるだけではなく、腋毛や、脛毛や、胸毛など、今まで細いうぶ毛だった毛が、太く、長くなります。
このほかにも大人になることによって、いろいろな変化がおこります。たとえば、体に筋肉がついて、骨も太くなります。また、肩幅が広くなりますし、声変わりもそのひとつです。
これは、すべて「性ホルモン」というものが原因です。子供から大人になるとき、この性ホルモンが、急に増加します。この性ホルモンの働きで、髭が生えたりするわけです。この、男の人を男らしくする性ホルモンは、男性ホルモンとよばれています。
同じように、女の人を女らしくするホルモンも、もちろんあります。これは女性ホルモンと呼ばれています。
女の人のおっぱいが膨らんだり、骨盤が発達したり、体全体が丸みを帯びてくるのは、全部女性ホルモンの働きなのです。
小学校の高学年から中学生くらいになると、男は男性ホルモンが、女は女性ホルモンが分泌され始めます。そのために、だんだん体つきが男らしくなったり、女らしくなったりと変化していくのです。

<h3>●人間の体について考えてみようと思います。</h3>
人間の男性は、大人になってくると、口のまわりにヒゲが生えます。
これはいったい、どうしてなんでしょうか。
男性にヒゲが生えるのには、男性ホルモンがおそらくは関係しているのでしょう。が、それは、ヒゲの生える「しくみ」を解き明かしたことにすぎません。
どうしてヒゲが生えるのか、という、その根本的な「理由」や「意味合い」を解き明かしたわけではないのです。
頭には頭髪があって、人間の頭を保護しているといわれています。
また、生殖器もたいせつなものだから、毛が守っているのだ、といわれることもあります。
同じように考えて、人間の男性のヒゲも、保護するために生えているのだ、とする説があります。
が、この説には異論があります。
そもそも、人間というのは、幼児期にはまだか弱い存在であって、保護が必要であるはずなのに、その幼児期には、ヒゲは生えていません。
また、男性にはヒゲが生えますが、女性にはヒゲは生えず、女性には保護の必要がないのか、という疑問も生じます。
なぜ、人間の男性には、ヒゲが生えるのでしょうか。

視点を大きくとってみましょう。
髭(ひげ)は、ヒトの顔から顎の下にかけて生える毛のこと。髯、鬚とも書き、くちひげ(髭)、あごひげ(鬚)、ほおひげ(髯)で漢字を使い分ける。英語においても同様に使い分けられている。

<h3>●概説</h3>
男性ホルモンによって発毛が促されるため、思春期以降、男性で陰毛の成長がTannerの分類で第4段階に達した頃から腋毛よりやや遅れて髭が生え始める。しかし、人種、個人により濃さにかなりの差がある。また、髭の生える理由については今もって不明である。身体の保護という説も聞かれるが、本来肉体的に保護が必要な幼年期にはひげやその他の体毛が薄く、女性にも後述の場合を除き、基本的には生えないことから俗説とされている。そのため、髭に生物学的な機能としての意味合いは薄く、特に現代においては多くの人間にとって無用のものとされる。しかし最近では、クジャクの羽やライオンのたてがみ、マンドリルの色鮮やかな皮膚や体毛などと同じように、成熟したオス個体に顕著に発現する第二次性徴であることから、主に性淘汰により発達したものであるとする見解も増えており、むしろその説が有力化してきている。ただし、男性の髭を好む女性が多いという統計的データはなく、日本においても女性向け男性アイドルのほとんどは髭を剃っており異性間淘汰ではこれを説明できない。
女性でも人種によりひげが比較的濃い場合がある。病気によっても髭が生えることがあり、多嚢胞性卵巣症候群ではホルモンバランスが崩れ、髭が生えたり声が低くなるなど、男性化する。女性が髭を生やす姿は奇異の目で見られ、時にいじめや差別に発展する。
他の体毛と比べると大変硬く、同じ太さの銅線に匹敵すると言われる。そのため髭を剃るときには蒸しタオルや湯で髭を柔らかくしておいた方が良い。(ただし電気カミソリの場合を除く)一人当たり6,000から25,000本程度の髭があり、平均すると一日当たり0.4mm程度伸びるとされている。新モンゴロイドは髭が薄く、これは寒冷気候(冬期は髭を延ばしていると、吐息で凍結して顔が凍傷になる)への適応と考えられている。
髭の有無やその容態はその人の印象に大きな影響を与える。現代の欧米やその文化的影響を受けた地域のほとんどの成人男性はカミソリ、電気シェーバー等を用いて、髭の手入れを日常的に行う。但し、顔の傷を隠すために、髭を伸ばす者もいる。
アレクサンドロス3世(大王)が若く見られたいという理由から史上初めて髭をそったとする伝説もあるが、実際にはそれ以前から人間は貝殻等を用いて髭の手入れをしていたとされる。 紀元前3000年頃には銅製のカミソリを用いていたともされている。

【スポンサーリンク】

<h3>●文化</h3>
宗教
イスラムではハディースにより、あごひげはのばしたまま、口髭は剃らずに刈ることとされる。趣旨としては異教徒のような姿をすることを避けるためであるため、西洋的な服装が普及した社会ではあまり励行されず、ウラマーを除いてはあごひげを刈ったり剃ったりすることも多い。アフガニスタンの最大民族であるパシュトゥーン人の社会などでは一般人にも遵守されることが多い。宗教弾圧を行っている中国では、様々な宗教行為を禁じる政策を実施しており、ムスリムが髭を生やすことも禁じている。近年、ISILを始めとするイスラーム過激派が活発化している中東などでは、過激派と同一視されたくないと考える男性が、髭を剃る事例もある。
ユダヤ教ではレビ記19:27で髭を損なうことを禁じており、一般に正統派ユダヤ教徒は髭を蓄えている。一方で律法の伝統的解釈には、禁じられているのは一枚刃の剃刀の使用であり、二枚の刃を用いるはさみの使用は問題ないというものもある。さらに電動シェーバーも一枚刃状でなければ許されるという敷衍解釈もある。
キリスト教はレビ記も聖書に含めているものの、西方教会の多くでは髭を剃ることが多い。しかしアーミッシュやフッター派では未婚男子は髭を剃り、既婚男性は髭を伸ばす。東方教会の聖職者と修道士は髭を伸ばすことが多い。モルモン教の生活規範では、特に若い男性はきれいに髭を剃ることが求められる。
シク教では創造主への敬意と教団の表象として、髭と髪は切らない。

<h3>●日本</h3>
日本では、中世から江戸時代初頭にかけて、武士は髭を蓄えることは当然とされ、髭のない武士は嘲笑された。そのため、髭の薄い者(豊臣秀吉など)には付け髭をつけることが行われた。この髭を生やす流行は江戸時代初期まで続いた。
一方、江戸幕府が安定期に入り、文治政治の時期に入ると、戦国の気風が幕府に対する謀反の心として警戒されるようになり、大名に髭を剃ることが奨励され、「風紀を乱す」として禁止されるに至った。徳川家綱の時代には大髭禁止令が発せられ、多くの武士も髭を剃るようになり、月代と髷とともに、17世紀中頃までに定着するようになった。ただし、例外的に山吉新八郎の様に、顔の傷を隠す事を理由に髭を蓄える事を仕官先から認められていたとされる事例も存在する。江戸時代には、髭を蓄えることは、降職した武士などの一種の服喪の表現であり、髭を蓄えた人間はどこかしら「卑しい人間」というイメージがあった。
江戸時代の「鎖国」(海禁)体制のもとでは、アイヌ民族が居住する蝦夷地(アイヌモシリ)は、日本から見て「蛮族の地」として扱われた。17世紀半ば以降の日本では、髭を生やさないことが文明人たる日本人の常識とされていた。そのため、当時の日本人の絵画で、髭を生やしかつ髷を結わない野蛮人としてアイヌが描かれたことは、日本人のアイヌに対する偏見や蔑視感の形成及び強化につながった。また、西洋人に対する蔑称である「毛唐」も、当時の日本人からみて、髭を生やすことを「野蛮」とみなす常識を背景として作られた言葉である(ロナルド・トビ『「鎖国」という外交』、2008年)。一方でアイヌ民族の社会では、豊かな髭は誇るべきものであり、髪を切り髭を剃る行為は神に対する不敬とされていた。
西洋では18世紀頃から、特にヴィクトリア朝イギリスで髭を蓄えることが流行し、日本でも明治時代にはその影響から地位の高い男性の間では再び髭を蓄えることが流行した。長岡外史などは、殊の外、髭を大事にしており、70cmにも達する「プロペラ髭」と呼ばれる長大な髭を蓄え、それを自慢していた。明治の高官や知識人たちが洋行しはじめた20世紀初頭になると、西洋では髭は時代遅れになりつつあるだけでなく、「下層階級」の象徴にもなっていたため、西洋の風習と思って髭をたくわえた日本人エリートたちを驚かせた。
髭を生やすことを就業規則や服務規程で禁止していない場合、髭を生やしていることを理由に、昇格・昇給などの査定で不利益な扱いをすることや、解雇・停職・降格・減給などの懲戒処分をすることは、人権侵害という判例がある。

髭一つとってもは人間が生活し成長するためまた生きるために重要な役割をしていますね。本当に不思議ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です