どうして目やにがでるの? 元は粘り気のある液体?

朝起きた時や、ふと気が付いた時に出ている目やにですが、いつもより多く出ていると気になりませんか?目やにが出るのは、何らかの病気が原因の場合があります。この記事では、目やにと、何らかの病気が原因となっている可能性について解説します。

目のまぶたに沿ったところには、油を含んだ粘り気のある液体をだすところがあります。

この液体は、いつも少しずつでていて、まぶたのうらにある結膜というところに広がっていきます。まぶたのうらにこの液体が塗ってあると、まばたきをするときに、まぶたが滑らかに動くことができるのです。つまり、機械などにさす油のような役目をしているというわけです。
この粘り気のある液体が、なみだでおし流されて目もとにたまったものが、目やにとよばれるものなのです。
健康な人はあまり目やにが出るということはありませんが、かなりたくさんの目やにが出るという人は、目の病気であることも考えられますから、一度専門の医者にみてもらうことをお勧めします。

目やにが多く出るときは要注意

目やにとは?
目の表面の細胞は、皮膚と同じように、常に入れ替わっています。目やには、こういった古い細胞や目の分泌物から成っています。
夜寝ているときは瞬きをしないため、目やにがたまりやすくなっています。目やにが出た際は、清潔な指で丁寧に取り除くか、洗顔して目やにを綺麗に洗い流すようにしましょう。

何らかの病気が原因の目やに

目の表面に病原菌や異物が付着すると、それらを排除しようとする免疫機能の働きによって、涙や目やにの量が増えることがあります。
目やにが出る病気としては、アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎などあります。
アレルギー性結膜炎では、寝起きに透明のさらさらとした目やにが、粉を吹いたようにまぶたにつきます。
また、細菌性結膜炎やウイルス性結膜炎の場合、まばたきのたびに目やにが出たり、寝起きの際に目の周りの目やにが固まり、目が開きにくくなることがあります。
細菌性結膜炎が原因の場合、膿のような粘り気のある目やにが出るのが特徴で、ウイルス性結膜炎が原因の場合、もう少しさらさらとした目やにが出るのが特徴といわれています。
もしいつもと違うと感じたら病院での検査を受けましょう。

目やにが出る原因

目やには、原因によって色や様子が違います。

【スポンサーリンク】

1 )目の代謝活動でつくられる目やに

目も身体のほかの部分と同じように代謝をして、古くなった細胞を入れ替えています。朝起きたとき、目頭や目尻にみられる少量の目やには、正常な代謝活動でできた老廃物です

2 )目の炎症反応でつくられる目やに

細菌による感染が原因の場合・・・黄緑色でドロっとした膿状の目やにが出ます
花粉症などのアレルギーが原因の場合・・・涙のようにサラサラした水状の目やにが出ます
ウイルスによる感染が原因の場合・・・白くネバネバと糸を引いたような目やにが出ます

目やにができるしくみ

1 )目の代謝活動でつくられる目やに

目やには、医学用語では「眼脂(がんし)」といい、皮膚の垢のような、生理的な分泌物です。目のゴミをくるんで外に出す働きがあり、代謝により角膜・結膜から脱落した古い細胞などが含まれています。

2 )目の炎症反応でつくられる目やに

細菌やウイルスなどの異物が目に侵入したときに、免疫反応の1つとして目やにが出ます。これは、体内の白血球によって、取り込まれたり分解されたりした異物が、体外に排出されたものです。この場合の目やにの中には、細菌やウイルス、細菌と闘った白血球などが含まれています。

目やにが出たときのケア

目の不調を訴えるサインを正しく理解して、目をいたわりましょう。
• いつもと少し違う目やにには、細菌やウイルスがいる場合があります。清潔なティッシュペーパー、ガーゼ、綿棒などで拭き取り、処分してください。また、拭き取った後は、手を石けんで洗いましょう。
• 抗菌作用のあるスルファメトキサゾールの入った目薬を点眼しましょう。
• 正しい点眼方法と目やにの関係
目やにの中には細菌がいる場合があります。そのため、目薬をさすときに目薬の先がまぶたにくっついてしまうと、目薬の中に目やにや菌が入り、薬の中で繁殖してしまうことがあります。そこで、目薬を清潔に保つために、正しい点眼方法を心掛けましょう。

目やには、感染症などの病気やアレルギーなどが原因で増えることもあります。目やにの量が増える、いつもと色が違うなどの場合には眼科を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です