タマネギを切るとどうしてなみだがでるの? ガスの成分?

タマネギを切ると涙がでるのはなぜでしょうか? 皆さんもきっと経験されていると思います。今回はこの不思議な現象を判りやすく、いろいろな角度から蛍雪します。

タマネギのしるには目や鼻を刺激する成分がいくつか入っています。タマネギを切るとなみだが出るのは、この成分が、タマネギの中から飛び出してくるからです。これが目に入り、目にしみてなみだがでるのです。
では、切ったときに飛びだしたものが直接目に入らないように、めがねをかけていれば、目にしみないと思うかもしれません。
ところが、めがねをかけてもまったく効果はありません。めがねはぜんぜん役に立たないのです。なぜなら、タマネギからでたしるは、直接飛んできて目に入るわけではないからです。目にしみる成分はタマネギを切ったときに、すぐ蒸発してガスになってしまいます。ふつうのめがねではガスは防げませんから、めがねをしていてもなみだは関係なくでてしまうのです。


ふつうのめがねではなく、水中めがねなら、これはかなりの効果があるはずです。つまり、水中めがねは、目をぴったりとおおうために、ガスが入りこめないからです。しかし、タマネギから出されるガスは、目だけではなく鼻にもかなり強烈な刺激を与えます。この場合、たとえ水中めがねでも、鼻水までは止められません。
タマネギの刺激を完全に防ぐことはできませんが、かなり弱くする方法ならいくつかあります。
まずひとつは、タマネギを冷やしてから切ることです。タマネギが冷えていると、このガスは出にくくなることがわかっています。
また、水につけながら切ることです。このガスは、水にとけるという性質があるので、水につけながら切るとガスの量はかなりへります。
そのほかには、よく切れる包丁を使うことです。よく切れる包丁で、すぱっと切ると、ガスはそれほどでないのです。
また、部屋の換気をよくするというのもひとつの方法です。

●タマネギを切ると涙がでるのはなぜ?
細胞のなかから硫化アリルがでてくるからです。
タマネギの皮をむいただけでは、それほど強い刺激はありません。さっと2つに切ったぐらいでも、涙が激しく出るというほどではありません。でも、みじん切りにしたりすりつぶすと、急に強い刺激のあるにおいが出ます。このことから、涙が出る原因は、タマネギをつくっている、細胞の中にあることがわかります。
実は、涙の原因になるのは、硫化アリルという物質です。包丁などで切るとタマネギの細胞が壊れ、中にある物質(アミノ酸や酵素の一種)が混ざり合って反応して、硫化アリルができます。これが蒸発して鼻や目の粘膜を刺激すると、神経から「涙を出して洗い流せ」という信号が出ます。粘膜を守るための、自然な体の反応なのです。
ちなみに、涙が出るのを避けるには、調理のときにタマネギを水にさらすとよいといわれます。原因になる物質が洗い流され、空中に飛び散る硫化アリルが減るためです。また、良く切れる包丁だと細胞をあまり壊さずに切ることができるので、硫化アリルが出にくくなるという効果があります。

【スポンサーリンク】

●玉ねぎを切ると目が痛くなる理由。
玉ねぎを切ると悲しくもないのに次から次へと涙が出てきます。ショボショボして目を開けていられなくなります。
この、玉ねぎを切ると目が痛くなる、なぜなのか?
それは玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分が影響しているんです。
らっきょうや玉ねぎなどのユリ科の植物に含まれる硫化アリルには刺激成分が含まれています。
この成分は切った瞬間蒸発して気体になるため、メガネでは防ぎきりません。
硫化アリルが目に入ると、体は粘膜を傷つけないように涙を出して守ろうとします。
なので目から涙が出るんです。

●玉ねぎを切っても目が痛くならない方法。
玉ねぎを切る時、目が痛くなると大変ですよね。
ここでは玉ねぎを切る時に目が痛くならない効果的な方法を3つご紹介しましょう。
玉ねぎを冷蔵庫で冷やす。
調理をする前に一度冷蔵庫で冷やします。
これで刺激成分が発揮されにくくなり、涙が出にくくなるんです。
常温になると効果がなくなるので調理をする直前に冷蔵庫から取り出します。
切れ味のいい包丁を使う。
よく切れる包丁で押し切りではなくスライドで素早く切ります。
そうすることで繊維を潰さないで切ることができるので、刺激成分を抑えることができ、目が痛くなるのを防げます。
水につけながら切る。
玉ねぎの刺激成分は水に溶ける性質があります。
なので、水につけながら切るとアリシンの発散が抑えられるので効果があります。
包丁や玉ねぎの切り口を水でぬらしてから切るのも効果的です。

玉ねぎを切るときは、換気をよくしましょう。
部屋中に刺激成分が充満するとその場にいるだけで目が痛くなります。
玉ねぎを切る前から換気扇を回すようにしましょう。

玉ねぎ一つ切るだけでもこんなんですから、料理って本当に大変ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です